自然写真の授業

カメラのシンプルな操作について学ぶ

写真を撮る時に大切なことは二つあります。まずは「感情を写真に込めること」、そして「風景の中に可能性を探すこと」です。世界は目で見えることがすべてではありません。明るく写すことで伝わる空気感や暗く写すことで伝わる質感があります。自分の感動を写真に込めるためにはカメラの操作をシンプルにすることが大切です。まずは、目前の風景を自由に撮れる設定を知りましょう。

講習名​:カメラ操作編

対象:カメラを買ったもののどう扱っていいかわからない方、撮影時の考え方を基礎からやり直したい方

内容:カメラのシンプルな操作、簡単な撮り方を学ぶ

日程:毎月第二土曜日の午前10時から2時間を予定 *第一回目として、2019年11月30日(土)にも開催予定

料金:1名4500円・定員8名前後

実践的なレンズの使い方を学ぶ

ズームレンズに慣れてしまうと、いつまでも自分なりの距離感に慣れることができず、散漫な写真が多くなってしまいます。また、レンズの特性を活かせなければ、被写体の存在感も薄れたものになるでしょう。この授業では、広角、標準、望遠レンズを使うコツを掴みながら、立ち位置をどう工夫するかを学びます。

講習名​:レンズ操作編

対象:レンズの使い方に悩んでいる方、どんなレンズを買えばいいのかわからない方、撮影時の考え方を基礎からやり直したい方

内容:各種レンズなどで撮影した写真をもとに実践的な使い方を学ぶ

日程:毎月第2土曜 午後13時から2時間を予定 *第一回目として、2019年11月30日(土)にも開催予定

料金:1名4500円・定員8名前後

独自の撮り方を学ぶ

感情が込められていない写真ほど味気ないものはありません。写真のステップアップに大切なのは「感動する心」とその瞬間を「撮れた」という実感です。それを踏まえて、自分の写真を見つけるための方法を学びます。答えはいくつかあると思いますが、私の場合「撮影した写真から本当に撮れたと実感するものを見つける作業」が答えの一つだと考えています。写真のセレクト作業は単に露出や構図が整っているから選ぶというものではありません。「撮れた」と少しでも感じる写真を一緒にセレクトしましょう。今後の作品制作につなげられるよう、RAW現像の軸となる考え方も紹介します。

講習名​:写真セレクト編 対象:『自然撮影の授業:カメラのシンプル操作について学ぶ』『自然撮影の授業:実践的なレンズの使い方を学ぶ』を受講した方のみを対象にしています(または2018年度以前に写真教室を受講されていて、作品のセレクトに悩まれている方) 内容:実際にある程度セレクトされた写真100枚前後をJPG&RAWデータで持参してもらい、写真セレクト作業をします。その後、セレクト写真に合わせたRAW現像を試します 日程:毎月第2土曜 午後16時から3時間を予定 *第一回目として、2019年11月30日(土)にも開催予定 料金:1名6000円・定員5名前後

その他、四季/動植物/人物/星空などジャンルごと授業も随時開催。四季に合わせた授業、動物や人物、星空撮影など、テーマに特化した特別講習をたまに実施したいと考えています。

写真教室は冒険家 荻田泰永さんの開設した冒険研究所での開催となります。写真の特設ギャラリーや冒険道具なども見られます。そちらもお楽しみ下さい。

<詳しくはこちら>

開催場所:神奈川県大和市福田5521-7 桜ヶ丘小澤ビル2階(1階が青い看板の大川原歯科医院)

アクセス:小田急江ノ島線「桜ヶ丘駅」徒歩30秒。東口ロータリーに面しています。新宿から約50分。横浜から約30分

お申し込みは以下のフォームにお願いします。Subjectには受講する講習名、Messageには希望日時をお書き込みください。その他、質問などもお気軽にどうぞ。

 © 2023 by Yosuke Kashiwakura

  • Yosuke Kashiwakura
Yosuke
Kashiwakura
Photography